ブログ

絵に描いた餅?

「この先何が起こるかなんぞ解らないのに経営計画作って何になる?所詮、将来の計画なんか絵に描いた餅なんじゃないか??」

先日、とある社長さんからそんなご指摘を受けた

 

「絵に描いた餅でもいいんじゃないでしょうか。重要なのはそのあとですよ。」

私はそうお応えしました

経営計画は自社のビジネスモデルやアクションプランとともに収支計画といった数字にコミットして頂くもので

社長はその計画を立てた3か月後、半年後、そして1年後に我々コンサルタントと共に達成状況を確認するんです

下振れしていたら、なぜ達成出来なかったのか、改善点はどんなことが出来るのか

上振れしていたら、達成出来た事を仕組化出来るか

1年、2年、3年、、、と自分が描いた餅を見つめ続けると

ある時、香ばしい餅の香りもしてくるのでは無いでしょうか

 

新着情報