ブログ

会社設立の税金が半額になる方法

ごきげん社長
ごきげん社長
会社を設立する際に税金が半額になる国の支援策があるって知ってる??

認定特定創業支援等事業の支援という何やら舌を噛んでしまいそうな国の支援策があります。

 

実はこの支援を策活用すれば誰でも会社設立の際に登録免許税が半額になるんです。

 

では、どんな時にいくらが半額になるのか??というと

 

例えば株式会社の場合登録免許税は一般的に150,000円。それが半額の75,000円になるんですよ☆

 

株式会社を設立する際にかかる費用と言えば

☆定款の認証手数料   50,000円

☆定款に貼る収入印紙代 40,000円  (電子申請なら0円)

☆定款の謄本手数料   2,000円

☆登録免許税      150,000円 ←この150,000円が75,000円になるということ。超お得っ!!

 

めっちゃお得なのは分かったけど、どうすれば半額になるのかな?

また書類や時間がかかって結構面倒くさいんじゃなないの??

フリーくん
フリーくん


ごきげん社長
ごきげん社長
実はこれ、結構お手軽なんだよね☆
何をやればいいのかを今からわかりやすく解説していくね!

各都道府県の市や区が窓口になっているのですが、例えば神戸市の場合

神戸市産業振興財団神戸市産業振興センターが窓口なので

 

そこが指定している支援事業(簡単にいうと専門家に経営相談する)を1か月以上にわたって4回以上受けるとOKなんです。

 

例えば

☆創業相談        神戸市産業振興財団

☆KCC創業        神戸商工会議所

☆創業支援セミナー    日本政策金融公庫

等々

 

メニューや時期などは各市区の窓口に問い合わせてみて下さい。

 

ここで一つだけ注意点

 

相談やセミナーを受けてから証明書が発行されるまでに2か月はかかるので

今からすぐに取り掛かっても、手元に書類がそろって会社設立の際のメリットを受けられるのが最短でも3か月後となり

今すぐにでも会社設立を考えている人方は気を付けて下さい。

ごきげん社長
ごきげん社長
それでは、皆さんごきげんよう!(^^)!

もっと色んな情報を!って方は無料メルマガへ⭐︎

 

 

新着情報