ピンチの社長を応援する ごきげんボイス!

第163回【リスケ中でも借りれるの??】100人のしくじり社長から学んだこと

 

各都道府県の保証協会に「経営改善サポート保証」という保証制度が有ります。

この制度はあまり経営者の間では知られていない融資だと思います。

この制度のテーマはズバリ「リスケからの卒業!!」です

つまりリスケ中でもこの制度を利用すれば融資は出来る!というものです。

この制度には大きく2つ特徴があって

1つ目は通常とは別の保証枠だという事で、例えば「今保証協会の枠がいっぱいでちょっと借り入れは…」と銀行に新規の融資を断られた企業も可能性はあるという事

2つ目は15年と返済期間が長いので毎月の支払額が圧縮できるという事です。

 

しかしこの制度にはデメリットもあって通常と比べて保証料と金利が高いのです。

この特徴とデメリットを踏まえて自社にも当てはまるか考えてみてはいかがでしょうか。

この制度は勿論すべての企業が利用可能な訳ではなくいくつかハードルも存在します。

しかし私が今まで係わった現場の感覚では以下の2つに尽きると思います。

①ほんの少しでも事業に光が差し始めた

②透明性の高い決算データ

地域金融機関と保証協会にこの2つを見せることが出来るとハードルはかなり低くなります。

 

【経営改善サポート保証】愛媛県信用保証協会HP

 

新着情報