ピンチの社長を応援する ごきげんボイス!

第143回【払えなくなった時のシュミレート】100人のしくじり社長から学んだこと

銀行から融資をうける際。特に経営者保証を付けた場合に必ずやっておくことが一つ有ります。

それは、返済できなくなった時に今の社長の生活水準をどれだけ下げれるか、若しくは社長の収入が劇的に下がってもランニングコスト(住宅、教育、その他ローン)を賄える資金を用意出来るか。

そこをしっかりとシュミレートしておく必要が有ります。

なぜなら銀行に返済が出来なくなって支払の猶予をお願いしに行くと必ず役員報酬のカットを要求してくるからです。

そうなったとしても今の社長の生活をしっかり維持できるようにしておく必要が有ります。

新着情報