第2回:「リスケジュール」のタイミングについて