ブログ

債権回収会社(サービサー)について

債権回収会社、いわゆるサービサー

企業が銀行からの借入金の支払いが出来なくなって

暫くするとサービサーからお手紙がくることがある

このサービサーのことを知らない社長はかなり慌てたりするんだが

実はこのサービサー

企業の再生に大きく関連しているんです

 

サービサーは金融機関から債権を買って

金融機関に代わって債務者に返済を求めていく

例えばA社が1000万円の借入金を銀行に返せなくなったとする

銀行は自行で支援が出来ないと判断すると

1000万円の債権を100万円(値段は状況によって変わるがとにかく安い)でサービサーへ売る

100万円で債権を買ったサービサーはA社に返済を求めていく

サービサーはそうやって収益を上げていく

ここでひとつ重要なキーワードになるのがサービサーがA社の債権を買った時に

プライスダウンされたということ

 

A社の社長はもともと毎月の返済が出来ないのだから返済する相手がサービサーに代わっても返済は出来ないことに変わりはない

ただ1000万円の返済額が500万円になったらどうだろうか

1000万円の返済額が150万円になったらどうだろう

ここでA社の社長はサービサーと落としどころを交渉するんです

ある日急に〇〇債権回収会社からお手紙が来ても何も慌てることは無く

むしろ再生に近づいたということです

 

我々ごきげん社長研究所は

サービサーと金融機関がもっと協力して企業の再生を支援する方法を発信していきます

キーワードはサービサーも企業の支援者になりうるということ

では、次回のブログに続きます

 

 

 

 

新着情報